■カリキュラム    ■学費・奨学金制度
本校の看護教育は、深く心理を探求し、自らを人間として高め、博愛精神で信頼される看護を提供できる有能な人材育成と社会に貢献し得る総合的教育を実践しています。
 日本の保健・医療・福祉の時代の変化に合わせて、現場で働く看護職が必要とされる能力を理論と実践の両面から習得できる3年間のカリキュラムを設けています。
 専門基礎分野では、人間の生命現象の本質を理解し、社会資源の活用、看護者としての役割など基礎的な理論と知識を学びます。
 各看護学及び在宅看護論の基盤となる基礎的理論や基礎的技術を学びます。

■基礎看護学
 看護の対象である人間を理解し、医療・福祉における看護者の役割をになうための基礎知識・技術を学びます。
 保健・医療サービス提供の場を体験する「基礎看護学実習」が行われます。
 各専門分野(成人看護学・老年看護学・小児看護学・母性看護学・精神看護学)で実践するために必要な看護の知識・技術・態度を学ぶ分野です。

■成人看護学
 成人期の対象者であらゆる健康状態について総合的に理解し、健康上の問題解決に必要な知識と能力を学び
 ます。
■老年看護学
 高齢者を取り巻く保健・医療・福祉の現状を理解し、高齢者とその家族の生命・生活の質を高める支援について
 学びます。
■小児看護学
 小児期の健康・疾病の両側面から捉え、ひとりの人間として成長・発達する過程の理解とその家族への援助を
 学びます。
■母性看護学
 妊娠・分娩・産褥期の特性を理解した上で、母子の各期の発達に応じた健康維持・増進・疫病予防のために必
 要な看護を学びます。
■精神看護学
 精神の健康の保持増進・精神の健康障害の予防及び精神障害をきたした人々に対する看護援助について学び
 ます。
 「在宅看護論」と「看護の統合と実践」が位置づけられ、基礎分野から専門分野?までに学んだ知識・技術を統合し、臨床現場の現場に即した看護を実践できる能力を養います。
東京都看護師等修学資金制度や日本学生支援機構の奨学金制度を利用できます。   
看護師国家試験受験資格

保健師学校・助産師学校受験資格

看護専門士称号取得
このページのトップへ